Phono Solar

会社概要

江蘇輝倫太阳能科技有限公司(「フォノソーラー」という)は、世界をリーデイングする新エネルギーソリューションのプロバイダで、 江蘇蘇美達グループ(「蘇美達グループ」という)に直属し、中国機械工業グループ(「国機グループ」という)の新エネルギーセクターの執行主体です。

技術革新やブランド戦略の「二輪駆動」の下で、フォノソーラーは、絶えず川下産業チェーンまで効果よく延長し、且つ確実な横断型産業整合を実践し、新エネルギーソリューションのプロバイダまで進化できています。我々はお客様にエネルギー供給エネルギー管理省エネ・排出削減 蓄電池システムを含む一括的エネルギーソリューションを提供することに取り組んでいます。最先端な科技成果を適時に転化し、住宅用/産業用システムとマイクロスマートグリッドシステム、世界範囲で成功した地上太陽光発電所の開発、投資、運営をもって、この目標を形にしています。

ブランドコアバリュー

 安定性  国機グループと蘇美達グループの強力なサポートのもとで、フォノソーラーは、本当の意味での25年間製品品質保証を提供できます。グループ内の各産業セクターの相互的支援で、効果よく新エネルギー産業の健全で、持続可能な発展を確保できています。
 信頼性  フォノソーラーはずっと最高級の品質基準、最も厳しい品質管理フローを実施し、且つ持続的に最も優秀な製品を提供しています。
 イノベーション   絶えざる製品のイノベーションとモデルイノベーションにより、フォノソーラーはお客様に柔軟性に富む製品やサービスを提供し、絶えずお客様の価値を向上しています。

会社のマイルストーン

1978年  | 江蘇蘇美達グループは、江蘇南京で設立
1997年  | 中国機械工業グループは中国北京で設立
2004年  | フォノソーラーは、太陽光発電業界に進出する第一陣の中央企業の一つへ
2008年  | フォノソーラーは120MW生産ラインの立ち上げを果たしました
2009年  |  アップグレード・改造により、生産ラインの年間生産キャパーは120MWから200MWまで拡大
2010年  |  フォノソーラーは、チェコ共和国国Veprek 35MW太陽光発電所の唯一な太陽電池モジュールサプライヤーへ | フォノソーラーは世界をリーデイングするレベルにある太陽光発電実験室は操業開始へ
2011年  | フォーチュン500位にランクインした国機グループ | フォノソーラー250MW自動化生産ラインは操業開始へ
2012年  | 国機グループ新エネルギー産業拠点と国機グループ中央研究院南京分院の設置を計画
2013年  |  フォーチュン500位の326位にランクインした国機グループ
2014年  | フォノソーラーは、ブルームバーグ•ニュー•エナジー•ファイナンス(BNEF)太陽電池モジュール生産業者格付けシステムでTier 1として認定
2014年  | 国機グループがフォーチュン500にランクインしている
2015年  | 中国での太陽光発電所総開発規模が800MWを超えた

企業の責任

フォノソーラーは ISO 14001認証を取得できており、自社の活動による環境への不良な影響を最小限に食い止めることに取り組んでいます。我々は準拠する法規要求を順守し、且つ絶えず環境パフォーマンスを向上することを目指しています。

OHSAS 18000(労働安全衛生アセスメントシリーズ18000)を取得することにより、全体的な環境意識の底上げを果たし、且つ効果よく事故を管理することにより、社員や企業の利益を損なうことを回避し、我々は管理レベルを向上する同時に、会社の職業健康安全管理を強化してきました。

フォノソーラーはPV Cycle 協会の一員として、廃棄品太陽電池モジュールのために自らの意志で返却し、リサイクルするシステムの構築に取り組んでいます。 ここをクリックしてPV Cycle協会会員証書をダウンロードしてください。